35歳既婚男性公務員の不倫日記

結婚して10年も経つと夫婦の関係と言うのも、愛情と言うより友情の様に変わってきます。
あれだけ愛し合い身体を求めあった二人なのに、いつの間にかキスすらしなくなってしまいました。

それはそれで仕方ないのですが、男性は性欲の強い生き物です。
溜まった欲求のはけ口の無さに正直苦労していました。

そのせいで、私は不倫がしたいと思い浮気相手を探すようになってしまいました。
簡単に見つかるわけは無いと思われるかも知れませんが、不倫サイトや不倫SNSを使えば案外簡単です。
私と同じ様に性欲を満たす相手を探している女性や刺激を求めている方が集まっているので、出会うまでや出会ってからの展開が早いのが大きな特徴です。

私が不倫SNSを利用して見つけた相手は今の所二人です。
33歳で私と歳の近い専業主婦、そして先週会うことが出来た25歳の専業主婦の方です。

二人共メッセージ交換をし始めてから2週間以内で会えましたし、会ったその日にセックスを行うことが出来ました。
ここでは最近出会えた25歳の専業主婦について書いてみたいと思います。

お付き合いの始まりは私からのメッセージです。
プロフィールをや日記を見て、住んでいる場所も近く彼女が旦那さんに対するストレスが溜まっているのもよくわかったので、彼女の気持ちを汲んで日記の内容に同意した内容のメッセージを送りました。
気持ちを理解してもらえたのが嬉しかった様で、すぐに返事をくれそれから付き合いが始まりました。

最初の頃のメッセージは、ほとんど彼女からの愚痴ばかりです。
その愚痴の中にはセックスレスであることも含まれていて、彼女がセフレの様な関係を求めていることもわかりました。
私も不倫したいと望んでいましたので、ストレートに「会ってセックスしよう」と伝えると「会って仲良くなれたら」と返事をくれました。

そして、メッセージ交換を始めてから1週間くらいがたってデートの約束をすることが出来ました。
最初のデートは私の車でのドライブです。
お互い、あまり周りに見られても困るので彼女の家から少し離れた駅前で待ち合わせをして、ドライブに出掛けました。

待ち合わせに来た彼女はまだまだ若々しく、結婚して5年経ちますが生活感もありません。
短めの茶髪が似合っていて、結構可愛かったです。
わりと童顔な顔には不釣り合いに胸も大きかったですし、会った瞬間からどうやってセックスに持ち込むか考えてしまうくらいでした。

結果としては、1時間ほどドライブをしてからラブホに向かいました。
彼女も最初からセックスをするつもりで来ていたみたいで、しばらく走ってから「どこに行きたい?」と聞いた時に「どこでもいい」と答えてくれた時に何となくそれがわかりました。
冗談っぽく「ラブホ?」と言ったときも照れながら笑ってくれましたし。

ホテルに入ってからは会話も少なくなりましたが、どちらからともなくキスをしました。
そこからは、お互いの性欲に任せて求め合いました。
最初の一回は服を脱いで裸になることもなく、彼女の衣服を乱しながら挿入をしました。
正常位で一回出した後、ゴムを取った私の性器を彼女は口でお掃除してくれ、萎えかけていた私の股間はすぐに元気になって立て続けにしてしまったくらい彼女とのセックスは盛り上がりました。

結局、初めて会ったその日に3回戦までしてしまいました。
彼女との不倫関係は長く続きそうです。

40歳既婚男性会社員の不倫SNS日記

妻と結婚して10年。そろそろ刺激が欲しい頃合いだ。 「なんかいい刺激ってないすかね」 と会社の上司にぐちってみた。すると、上司は 「これは誰にも言うなよ。実は不倫SNSというのがあって、結構出会えるし楽しいよ」 と教えてくれた。女にだらしない上司だとは前々から思っていたが、まさか不倫SNSをやっていたとは。しかし今回ばかりは上司の提案に乗ってみようと思い、不倫SNSに早速登録してみた。おれはこれまでにも出会い系サイトなどをやっていた経験がある。しかし、業者やサクラの多さに辟易して、ここにはもう出会いはないと思ってやめてしまったのだ。しかしこの不倫SNSはできてまだ日が浅いのか、登録人数こそ少ないものの、出会えそうな予感のする媒体だった。そこで見つけたのは32歳の女性だった。結婚しているが、お互いの仕事が忙しく、仮面夫婦状態だと言う。そこでたまに夜の相手をしてくれる人が欲しいと言っていた。おれもさすがに頻繁には無理だけど、たまにだったら可能なんじゃないかと思い、彼女と合意した。おれにとってもちょうど良いタイミングだったし、彼女の住んでいる場所も近すぎず、遠すぎずだったのでちょうど良いと感じていたからだ。実際に会って見ると、おれが今まで出会い系で会っていた女性なんかよりも数段上品に見えた。まあ、今まで使ってたサイトが悪かったんだろうね。なので、相手としても申し分ない感じだ。これから始まる不倫生活に胸を躍らせた。